092-589-7007 24時間WEB予約

親知らず

親知らずの診察・抜歯治療に
ついて

親知らずとは

親知らずとは

親知らずとは、前歯から数えて8番目の永久歯のことです。一般的に17~30歳頃に生えてくることが多く、「智歯」や「第三大臼歯」とも呼ばれています。
親知らずの生えてくる時期や本数、生え方についても個人差があります。永久歯の中で最後に生えてくる歯であるため、スペースが足りず横や斜めに傾いて生えたり、骨の中に埋まったまま生えてこないといった場合もあります。
そうした親知らずは、歯ぐきの炎症を引き起こす原因になったり、隣の歯の虫歯のリスクを高める原因となってしまうケースがあるため、慎重に診査をした上で抜歯をおすすめする場合があります。

親知らずが気になる方は、いつでも
ご相談ください

「自分の親知らずは抜いた方がいいのかな?」と、少しでも不安や疑問を感じられた方は、
お気軽にご相談ください。

当院では、症状に応じてCTを用いた診査・診断を行い、難しい症状についても専門医療機関と連携することで最適な治療をご提供しております。
なるべく早期に治療をすることで痛みを感じる期間を短縮できたり、普段の生活や食生活でのストレス軽減にもつながりますので、親知らずが気になる方は遠慮なく当院へお問い合わせください。

親知らずによる主なトラブル

歯肉の炎症(智歯周囲炎)

斜めに生えたり、真っ直ぐでも途中までしか生えてこない親知らずの場合、歯と歯肉の間に汚れが溜まりやすい状態にあります。細菌が増殖することで、親知らずの周りの歯肉が炎症を引き起こす場合があります(智歯周囲炎)。

虫歯になりやすい

斜めに生えていたり、途中までしか生えてこない親知らずの場合、歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすい傾向にあります。親知らずと手前の歯(第二大臼歯)の隙間にも汚れが溜まりやすくなるため、隣接する健康な歯まで虫歯になるケースもあります。

歯根の吸収

手前の歯に食い込むように生えている親知らずの場合、その手前の歯の根の部分が溶けてしまう症状を引き起こす場合があります(歯根吸収)。歯根の吸収が進むと、手前の歯まで抜歯が必要となるケースもあります。

口臭の原因にも

親知らずが正常に生えていない場合、その周辺は汚れや細菌が溜まりやすく不衛生になりやすい状態にあります。そうして生じた虫歯や歯周炎が口臭の原因になってしまうケースもあります。

歯列不正の原因にもなりえる

親知らずが手前の歯を押すことにより、歯並びが悪くなってしまう場合があります。(歯列不正)歯並びが悪くなると、見た目の問題はもちろん、むし歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

親知らずの抜歯の流れ

親知らずの抜歯の流れ
  1. 問診 問診 ご来院いただきましたら、まずは問診を行います。お体の状態や服用されているお薬、当日の体調についてなど、そのほか気になることは何でもお知らせください。もし抜歯前に内科や他科に問い合わせが必要な場合、腫れや痛みなど症状が強い場合は、日を改めて抜歯を行うこととなります。
  2. 診査・診断 診査・診断 症状に応じて、CT撮影などの検査を行います。親知らずと神経や副鼻腔、周囲の歯との位置関係を把握することで抜歯の可否・難易度などを的確に判断します。
  3. 抜歯治療 抜歯治療 可能なかぎり痛みの少ない治療が行えるよう、最大限の配慮をしながら的確に丁寧に施術を行います。術前に麻酔を十分に効かせてから治療に入りますので、術中に痛みを感じることはほとんどありません。
  4. 縫合と止血 縫合と止血 歯茎の切開が必要な治療の場合には抜歯後に縫合を行います。しばらくガーゼを噛んでいただくことで止血を行い、血が止まったことを確認して抜歯治療は終了となります。

24時間WEB予約受付中です!

お気軽にお電話ください

ご予約・ご相談など
お気軽にお電話下さい

医療法人 医仁会 アクロスモール春日歯科

診療時間
10:00-13:30 -
14:30-19:30 -

休診日:火曜

親知らずの抜歯後の
注意事項について

親知らずの抜歯後の注意事項について
  1. 痛み 麻酔により抜歯の前後は痛みを感じることはありません。治療後に麻酔が切れ始めると徐々に痛みを感じるようになります。
    痛みの度合いや期間は、抜歯の難易度や個人により異なりますが、一般的な目安としては、痛みは約2日〜1週間、腫れは1週間〜10日ほどで無くなります。痛みについても不安がある方は遠慮なくご相談ください。
  2. 出血 抜歯直後から翌日くらいまでは唾液に血が混じることがありますが、特に問題はありません。ガーゼを20〜30分ほど噛んで圧迫止血をしましょう。もしそれでも止まらないという場合はご連絡ください。
  3. 腫れ 抜歯後の腫れは、抜歯の翌日から始まることが多く、2~3 日程度でピークを迎えます。痛みと同様、腫れ方にも抜歯の難易度や個人により差があります。腫れによりしばらく口が開きにくい時の食事は、柔らかく食べやすいものを選ぶと良いでしょう。
  4. 開口障害 抜歯後に「口が開けづらい」「口が大きく開かない」などの症状が出ることがあります。これは炎症が口周辺の筋肉にまで及ぶ場合があるためです。痛みや腫れと同様に、通常で1週間〜2週間程度でおさまります。